そしてキアロスタミはつづく… 『シーリーン』&『10話』@「キアロスタミ全仕事」

「キアロスタミ全仕事」[2016年10月19日(水)‐27日(木)]@ユーロスペース(渋谷) 【鑑賞料金】1,100円(会員) 『シーリーン』 いやもう案の定寝ちゃったがそれは夜勤明けにつき寝てなかったからで、聞きしに勝るとんでもない映画だった。 題名の“シーリーン”とは12世紀に実在したイランの詩人ニザーミーによる悲恋…

続きを読むread more

荒木一郎フィーバーでシネマヴェーラ脱出不可能!? 『脱出』@「デビュー50周年記念 荒木一郎の世界」

そら東宝でこんな映画創ったらお蔵入りも当然のハッキリ言って駄作だけど逆にヒドすぎてけっこう面白かった! 12時間後にはブラジルへ旅立つハズだった黒人ハーフ青年が、差別主義者のアメリカ人を過失で殺してしまい、 彼の女友だちと偶然集まった男たちが日本脱出を手助けするという粗筋だけ聞くとめちゃくちゃ面白そうな物語。 そしたらその中に…

続きを読むread more

日本が印度に…なってきた? 『アリーガルの夜明け』@インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン

これは素晴らしい! もうなかなか都合がつかないから券1枚ムダにしちゃおうかと思ったんだけどしなくて正解! 初日に観た、モデルの女性の素晴らしさはわかるけど煽情的すぎる創りに正直白けてしまったあの映画だとか、 一見オシャレでいかにも新しく観えるけど単に欧米の家族ドラマをマネしただけのあの映画みたいなのではなく、 こういうオー…

続きを読むread more

難民映画祭からの難民・移民がキーワードのドイツ映画2本立!/ドイツ映画祭2016 HORIZONTE

「ドイツ映画祭2016 「HORIZONTE」」 [2016年10月15日(土)-19日(水)]@TOHOシネマズ六本木ヒルズ 【鑑賞料金】1,000円 『閉ざされた部屋の嵐/Das Wetter in geschlossenen Räumen』 実は初めてドイツ映画祭に参加したんだけど面白かった。…けど難…

続きを読むread more

ラップにのった少女、あるいは“アフガンノラッパー”が世界を変える! 『ソニータ』@第11回難民映画祭

ホント今年の音楽ものは傑作だらけだな。本作もまた 『ソング・オブ・ラホール』 や 『歌声にのった少年』 と並び、 音楽で世界は変えられないかもしれないけど、揺さぶることなら確実にできると心の底から思わせてくる大傑作。 ラッパーを夢見るイランに暮らすアフガニスタンの難民の少女が、女性が音楽を創ることに厳しい慣習を越えて、 自…

続きを読むread more

黒沢清だからこそ許される今ドキ古めかしい幽霊屋敷もの、でも… 『ダゲレオタイプの女』短評

ダメだ…。寝不足がたたり自分こそ彼岸と此岸を往ったり来たりしてるみたいで微塵も映画に集中できなかった。 しかし、仮に眠くなかったとしてもやっぱり今回ばかりはこれを手放しで面白いとは言えなかったような気がする。 みなこれこそ黒沢清とか言っているし自分もそこに異論はないけどそれはそれとして自分にウソはつきたくない。 つまらなか…

続きを読むread more

社会の膿はテロではなく芸術で出せ! 「ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画祭2016」

「ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画祭2016」 [2016年9月22日(木・祝)-9月24日(土)、10月10日(月・祝)、10月13日(木)-10月15日(土)] 【鑑賞劇場】アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水) 【鑑賞料金】1,200円(一般) 3年に一度ドイツのどっかで開かれているという「世界演劇祭」を…

続きを読むread more

淵どころかこれこそ日本映画のド真ん中に立つ、事件級の傑作! 『淵に立つ』

凄い…凄すぎる。非の打ちどころがないだなんて容易に言うもんじゃないけどホントにないんだもの仕方がない。 こんな淡々としてるのに昂奮しすぎて息切れがしばらく止まらなくなるなんてとんでもない映画を観てしまった…。 ある平凡な家族の前に1人の男が現れたことでそれまでの日常が歪んでゆくというヘタをしたら退屈そうな話が、 こんなスト…

続きを読むread more

“たからぶね”に乗ってピンク映画の大河(歴史)をめぐる! 「ゆきてかえらぬ 渡辺護 官能の映画旅」

「ゆきてかえらぬ 渡辺護 官能の映画旅」 [2016年7月23日(土)-11月14日(月)]@ラピュタ阿佐ヶ谷 【鑑賞料金】800円(会員) 『あばずれ』(1965年・扇映画/白黒/60分) ※16mm短縮版 【監督】渡辺護( 『紅壺』 『おんな地獄唄 尺八弁天』 『(秘)湯の町 夜のひとで』 『少女縄化粧』 『聖処女縛り』…

続きを読むread more

極私的・2015年公開映画ベスト10&ワースト10!

【ベスト10】 ①『激戦 ハート・オブ・ファイト』 ②『神に誓って』 ③『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 ④『野火』 ⑤『禁じられた歌声』 ⑥『女神は二度微笑む』 ⑦『スリーピング・ボイス~沈黙の叫び~』 ⑧『きみはいい子』 ⑨『グラン・ノーチェ!最高の大晦日』 ⑩『みちていく』 【ワースト10】…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[ア] 【全114タイトル】

【最終更新日時:2016/10/22 00:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《ア》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 the EYE【アイ】2………タイ発“やりすぎ”ホラー2本立て! 愛、アムール………ハネケが静かにやって来る アイアム ブルース…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[イ] 【全59タイトル】

【最終更新日時:2016/08/27 02:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《イ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 イーグル・アイ………秋の夜長にいかにもシネコン映画二本立! イースタン・プロミス………暗い日曜日に相応しい大人のフィルム・ノワール…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[ウ~オ] 【全144タイトル】

【最終更新日時:2016/09/29 03:00】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《ウ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ヴァルハラ・ライジング………『ドライヴ』の監督の前作は超~ド級のバイオレンス! ヴァン・ゴッホ………モーソーピアラ? モーレツピア…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[カ・キ] 【全125タイトル】

【最終更新日時:2016/09/11 16:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《カ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 カーズ………ピクサー・アニメ、面目躍如の大快作! ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー………やっぱ音楽聴くならウォークマン? これを…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[ク~コ] 【全134タイトル】

【最終更新日時:2016/09/22 02:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《ク》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 グアンタナモ、僕達が見た真実………それでもボクは…テロリストじゃない クーデター………東南アジア某国って思いっきりタイやないか! …

続きを読むread more

洋画記事INDEX[サ] 【全91タイトル】

【最終更新日時:2016/06/30 02:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《サ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 サーチャーズ2.0………コックス×コーマンの映画センター試験!? 最愛の子………慟哭する映画たち! ザ・イースト………主人公の葛…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[シ] 【全109タイトル】

【最終更新日時:2016/10/27 01:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《シ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 THE ICEMAN 氷の処刑人………タイトル通り背筋が凍る衝撃の実話、でも… シアター・イン・トランス………社会の膿はテロではな…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[ス~ソ] 【全148タイトル】

【最終更新日時:2016/10/18 01:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《ス》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 西瓜………渇いた心が生み出すイマジネーションが転じて“AVミュージカル”に!? 酔拳 レジェンド・オブ・カンフー………呑めば呑むほ…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[タ~ツ] 【全105タイトル】

【最終更新日時:2016/09/25 15:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《タ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ダーウィン・アワード………マヌケな死に方より困るのは・・・? ダーウィンの悪夢………そしてボクは、途方に暮れる… ダーク・シャド…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[テ・ト] 【全103タイトル】

【最終更新日時:2016/10/20 02:00】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《テ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ディア・ウェンディ………フォン・トリアーがまたやった! ディーパンの闘い………キャロル!ディーパン!…デイモン! ディーブ…………

続きを読むread more

洋画記事INDEX[ナ行] 【全51タイトル】

【最終更新日時:2016/06/30 02:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《ナ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ナーザの大暴れ………上海万博より上海アニメ! ナイト&デイ………妻にも友にも言えないような話はブログに書くべし? ナイト・ウォッ…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[ハ・ヒ] 【全141タイトル】

【最終更新日時:2016/10/04 01:00】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《ハ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実………2本の傑作が伝える“何も変わらない”世界… ハード キャンディ………『ハード キ…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[フ] 【全104タイトル】

【最終更新日時:2016/07/16 01:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《フ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ファーストフード・ネイション………「映画」という“プロ”の仕事 ファイ 悪魔に育てられた少年………韓国映画十八番の復讐物に新機軸?…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[ヘ・ホ] 【全81タイトル】

【最終更新日時:2016/08/28 16:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《ヘ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ヘアスプレー………VS「俺達いつでもロックバカ」@新宿歌舞伎町 平穏………我が好みとは対極にある監督と思っていたけど… ヘイトフ…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[マ行] 【全128タイトル】

【最終更新日時:2016/10/20 02:00】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《マ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 マーキュリーマン………CGなんかいらねえぜ! 俺たちゃ手づくり特撮さ! マーサ、あるいはマーシー・メイ………あるいはボクを誘ったの…

続きを読むread more

洋画記事INDEX[ヤ行] 【全40タイトル】

【最終更新日時:2015/07/03 02:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《ヤ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ヤーバ………………北欧もいいけどアフリカもね! ヤギと男と男と壁と………映画も戦争も奇を以ってよしとすべし…か? 約束の旅路………

続きを読むread more

洋画記事INDEX[ラ・ワ行] 【全159タイトル】

【最終更新日時:2016/09/03 03:00】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《ラ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ライジング・ドラゴン………極私的・俺のジャッキー映画ベスト5!(ただし最近の) ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪………話は散…

続きを読むread more

邦画記事INDEX[あ・い] 【全95タイトル】

【最終更新日時:2016/09/20 02:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《あ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 あゝ! 一軒家プロレス………追悼・橋本真也 嗚呼 満蒙開拓団………戦争があってもなくても世は地獄、だけど… アイアムアヒーロー……

続きを読むread more

邦画記事INDEX[う~お] 【全72タイトル】

【最終更新日時:2016/06/12 14:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《う》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ウイグルからきた少年………キミは、麺料理の起源“ラグメン”を知っているか!? ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~………あ~いし~ても…

続きを読むread more

邦画記事INDEX[か行] 【全158タイトル】

【最終更新日時:2016/07/31 16:00】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《か》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ガーダ パレスチナの詩………“パレスチナ”の今… 母〈かあ〉べえ………オール・アバウト・マイ・母べえ(orオカン?) 怪異談 生…

続きを読むread more

邦画記事INDEX[さ行] 【全139タイトル】

【最終更新日時:2016/08/09 00:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《さ》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 最後の切札………昭和のサスペンス映画には地下鉄の振動がよく似合う! 最後の審判………高田宏治からの仲代達矢祭だにゃー! サイドカ…

続きを読むread more

邦画記事INDEX[た行] 【全101タイトル】

【最終更新日時:2016/10/23 15:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《た》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 Dark on Dark………ワークショップつながりで観た映画レビュー① 大拳銃………トラッシュ(廃棄)の中から宝を探せ! 第三…

続きを読むread more

邦画記事INDEX[な行] 【全61タイトル】

【最終更新日時:2016/07/23 00:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《な》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 ナージャの村………果てなき悲しみの大地で… ナイチンゲーロ………“女だらけの水泳大会”ホラー!? 内部被ばくを生き抜く………テー…

続きを読むread more

邦画記事INDEX[は行] 【全125タイトル】

【最終更新日時:2016/10/13 01:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《は》 パーク アンド ラブホテル………若い芽を摘む“紐付き援助”映画!?(怒) バーブと点滅と………ビグロー効果で女性監督大進撃!? 廃棄少女 (ロング・ヴァージョン)………トラッシュ(廃棄)の中から宝を探せ! 背徳…

続きを読むread more

邦画記事INDEX[ま~わ行] 【全112タイトル】

【最終更新日時:2016/09/18 15:30】 ※2005年1月より現在までの劇場鑑賞作品のみ掲載。 《ま》 【映画名………記事タイトル】 ※記事タイトルをクリックすると関連ページに飛びます。 魔界転生………今度大地震が来ても日本に自衛隊いなかったり? 真木栗ノ穴………うつし世は夢、夜の夢こそまこと… マスター・オブ・サ…

続きを読むread more

今に“安倍様、あなたのために映画を撮ります”という監督が? 『将軍様、あなたのために映画を撮ります』

面白すぎる…。こんな言い方は少し不謹慎になるかもしれないけどなんと映画みたいにドラマチックな話なんだ。 脱サラした1998年夏に名古屋からわざわざ東京に来てキネカ大森で 『プルガサリ 伝説の大怪獣』 を観た時は、 「北朝鮮の怪獣映画だワーイ!」とただよろこんでるだけだったけどその裏にこんな数奇な人生があったなんて。 今のお…

続きを読むread more

ロシアという国そのものがマリ・エル共和国みたいだったらいいのに! 『神聖なる一族24人の娘たち』短評

今、いちばん往ってみたいのはロシアの“タタールスタン”という国なんだけど“マリ・エル共和国”はその西北隣。 ヴォルガ川沿岸に伝統的に住む、ウラル語族系マリ人の国だそうで(エルは“一つに”のような意味なのかな?)、 「マリ」という語には“夫、男”という意味があるそうなんだけどマリ人はタタールスタンにも多く住んでいるみたい。 …

続きを読むread more

奇跡ではなく熟練のプロだからこそ切り抜けられた危機の顛末を映画のプロが描く! 『ハドソン川の奇跡』

2009年1月15日にバーズ(鳥)が飛び込んでエンジンが停止しハドソン川へと不時着した航空機事故の話なのに、 映画は、それはもう安定した華麗な飛行をつづけた果てに、超気持の好い着陸を決めてしまうとはこれ如何に? 引き合いにしちゃあなんだけど本作を観たら今もヒットしている“頭の中のシミュレーション”を映像化しただけの、 某“…

続きを読むread more

やっぱりジョージアよりグルジアの方がいいなぁ! 『みかんの丘』&『とうもろこしの島』短評

北欧バルト三国のエストニア(往った)とコーカサスのジョージア(トルコから往こうとして逆戻りになるから諦めた)。 一見関係の薄そうな両国にこんなつながりがあったとは。こういう世界の知らないことを知れるから映画は素敵。 ゆえにそれだけで観る前からある程度満足はしていたけどさらには中身もこんな素晴らしいなんてトクした気分。 舞台…

続きを読むread more

希望はアラブの歌声にのって… 『歌声にのった少年』&『越境の花嫁』@「映画で旅するイタリア」

ムリだ…堪えられなかった。劇場でこんなに泣いたのは久しぶり。お客さんが少なくてよかった。(よくねぇだろ!) 「世界は醜いけどあなたの声は美しい」 ホントに世界は醜いけどこういう映画を観ると希望はまだ棄てられない。 2013年にエジプトで人気の勝ち抜き歌番組で優勝し、アラブの希望の星となったパレスチナはガザ出身の歌手、 ムハ…

続きを読むread more