“自分”に打ち勝てなかった者たちへの鎮魂歌〈レクイエム〉― 『スキャナー・ダークリー』

画像

いまだにフィリップ・K・ディックは1冊も読んだことがなく、
しかしこの作家の世界観はよほど映画作家たちの想像力を刺激するようで、
言わずと知れた 『ブレードランナー』 や 『トータル・リコール』 はもとより、
『スクリーマーズ』、『クローン』、『マイノリティ・リポート』、『ペイチェック 消された記憶』 と、
ワリとコンスタントに原作は映像化され続けていて、そしてこれだけ観ていると、
もう何冊もディックを読んだことがあるような錯覚さえしてくるんだけれど、
ヘタなことを口走ると原作ファンの方にコケにされそうなので、そういうことは言わない。

で、上に挙げたド派手な作品群を俯瞰してみれば、
当然、ディックは“SF作家”という定義が生まれてくるワケだけど、
しかしこの最新原作映像化 『スキャナー・ダークリー』 を観ると、この原作者は、
SFという設定を借りて、“生身”の人間を描き続けた作家なんじゃないかという気もしてくる。
生身も生身、不条理な世界でぜいぜいと喘ぐ生身の人間の澱のような絶望と孤独……。

今回、映像化を手掛けたのは、『恋人までの距離〈ディスタンス〉』、『ウェイキング・ライフ』、
そして 『スクール・オブ・ロック』 等の俊英、リチャード・リンクレイター。
観ればわかるとおりに、本作は 『ウェイキング・ライフ』 でも試していた、
実写映像にデジタル・ペインティングを施すという表現方法を採っていて、
それで 『ウェイキング~』 についていけなかったという人は、
もしかすると本作を敬遠してしまうのかもしれない。

ちなみに 『ウェイキング~』 はその公開当時、
友人から「ハッパ吸いながら観るといい映画らしいよ」みたいなことを言われて、
じゃあボクはそっちも吸わないし、観ても仕方ないなと(そういう問題じゃないけど)、
つい最近になってやっとDVDで観たんだけれど、その友人の言葉の真偽はともかく、
物語中、延々と繰り広げられる登場人物たちの哲学的なセリフの応酬―。
インドあたりを旅すれば、フツーにハッパを常習している人たちとも自然に仲良くなるんだけど、
そんな人たちが興に乗った時に語り出す内容とそのセリフの内容とがとてもよく似ていて、
(哲学的なことを喋っているようなんだけど、その実そんなに中身はないみたいな…)
ボクにとってはそれを思い出して、なんだかチョット懐かしいような映画だった。

閑話休題―。
とにかく、『恋人までの距離』 や 『ビフォア・サンセット』 のような小粋な恋愛モノから、
『スクール・オブ・ロック』 や 『がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン』 のような、
ツンツンと突っ張るとまではいかないけれどほどよくトんがった娯楽モノ、
そして 『ウェイキング~』 のような実験作や 『テープ』 のようなシチュエーション・スリラーに、
またはグッと遡って 『バッド・チューニング』 のような好感度の高い“ラリラリ”青春映画まで、
実に幅広くなんでも器用にそこそこ面白い映画を撮ってしまう職人監督リンクレイターなので、
これもボクは、とりあえずさほど警戒することはなしに観に行ったんだけれど、
なるほど、「ディック原作で最も成功している」と一部で言われているのも至極頷ける、
まぁボクはディックを読んだことがないのでそのヘンについては深く言及できないけれど、
しかし 『ウェイキング~』 に打ちのめされたという人でもおそらく安心して(多分…)楽しめる、
これは本当によくできた思慮深い映画だったと思う。

画像

 ロサンジェルス郊外のオレンジ郡アナハイム。
 覆面麻薬捜査官のボブ・アークター(キアヌ・リーブス)は、
 終わりの見えない不毛な麻薬戦争に疲れ切っていた。
 自分も究極ドラッグ、“物質D”中毒であるにもかかわらず、
 ドラッグ仲間のジム・バリス(ロバート・ダウニーJr.)たちの監視を遂行していたが、
 ある日、上司から自分自身を監視せよとの不可解な指令を受け……。

今からたった7年後という、そう遠くない近未来。
世の中はもはやドラッグに支配され、
その撲滅を名目に、政府は個人のすべてを監視していた。
キアヌ・リーブス演じる覆面麻薬捜査官は、
“物質D”の供給源を突き止めようと自ら“物質D”を服用し、
囮となって常習者たちとの共同生活を送っていたが、
まるでミイラ獲りがミイラ獲りになるかのように、
出口の見えない捜査のなかでやがて彼も自分を見失ってゆく……。

誰が誰かもわからない、自分が誰かさえもわからないまるで実感のない稀薄な世界。
デジタル・ペインティングを施しあえて曖昧なバランスで表面的に処理された映像は、
観る者にも物語に対する実感、手応えを与えず、
その浮遊感のなかで、苛酷な囮捜査のなか自身のアイデンティティーを喪失してゆく、
まるで 『インファナル・アフェア』 にも通じる主人公の底なしの悪夢と苦悩を脳体験させてゆく。

“テロの世紀”と言われる現代社会。
ボクらを貶める恐怖は、何もドラッグばかりとは限らず、
そこにやや時代錯誤感を覚えるという人も中にはいるのかもしれない。
だけど、やはりドラッグがボクらにとり最もすぐそこにある恐怖であることに変わりはなく、
それはとかく情報や欲望に流されやすい、現代人の心の脆さや不確かさを暗示してもいる。
この映画が、そして原作が描いているのはおそらく、
“自分”に打ち勝つことができず身を滅ぼしていった者たちへの冷たくもやさしいレクイエム―。

『レクイエム・フォー・ドリーム』 や、
『NARC 〈ナーク〉』 のようにドラッグの恐怖を前面に打ち出しつつも決して高圧的には描かず、
ラストの切ない絶望には、まるで 『ミスティック・リバー』 のような深い余韻さえ漂う傑作……。

個人的には決して好きなタイプの物語じゃないけれど、
それでもどこか郷愁を誘うラスト・シーンには心底シビレた。
デジタル・ペインティングでデコレートされた、
“ホンモノ”の曲者俳優たちの個性はアクが強くも煩わしくなく、
とくにキアヌはキャリア中でも、もしかするとこれがいちばんのハマリ役じゃなかろうか?

しばらく経つともう一度観たくなる、そんな健全な(?)常習性を催すことも含めて、
リンクレイターのフィルモグラフィーのなかでもこれは1、2を争う1本だ。

シネセゾン渋谷 にて公開中 ]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0