もしジャッキーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 『クレージーモンキー/笑拳』@「大成龍祭」



ドラッカーモンキー! と、ここで観たのが 『ドランクモンキー/酔拳』(’78)だったら韻的にキレイなんだけど、
誠に残念ながら今回の「大成龍祭」の中に、『酔拳』 と 『スネーキーモンキー/蛇拳』(’77)の2本は入っていない。
『酔拳』 は日本で初めて公開されたジャッキー映画だし、2本ともこの頃の中じゃ鉄板だからあえて外したのかな?
それにしても、本企画はこの前までは“アートスクリーン”という、席数が少なくてスクリーンもあまりデカくないけど、
その代わり席と席の前後の間隔が広々しているなかなかいいハコでやってたのに、コチラの客が増えてきたのか、
それともよほど向こうの集客が見込めないのか、よりによって“もしドラ”に取られてしまった! 大丈夫か、もしドラ!?
まぁどーでもいんだけど、なにしろジャッキーが自分で興したプロダクションの第1回作品にして初監督もしたという、
『クレージーモンキー/笑拳』 は、ジャッキーの若さとアイデアと持ち味が炸裂した今観ても充分面白い1本だった。

そういえばあんまり気にしたことなかったんだけど、“モンキー・シリーズ”の舞台ってだいたい清朝末期なのかな?
話は、拳の師匠でもある祖父を“鉄の爪”と称される刺客に殺されたジャッキー扮する青年が、祖父と同門の男に、
徹底的に鍛えられ、人間の喜怒哀楽にもとづく一門の奥義“笑拳”を体得して鉄の爪に復讐を挑むというもの……。
ジャッキー持前の明るさが炸裂しまくる前半戦と、エモーショナルな仇討ちの後半戦の対比が実にメリハリ抜群で、
前半の、棒を使って祖父に稽古を付けてもらうシーンやラストの鉄の爪との超壮絶バトルなど手に汗握ること必至!
ドニー・イェンとかトニー・ジャーなど最近のアクション映画は本当に“究極”って感じがするんだけど、なんのなんの、
ジャッキーはそれらに全然負けてない! DVD上映で毎度画質は最悪だけどやっぱりスクリーンで観るといいな~!
監督・脚本・主演となんなくこなしてこの面白さ! ぜひ高校野球の女子マネージャーにも 『笑拳』 を観てほしいネ!

画像
甘いマスクにこの肉体、当時は相当遊んでたでしょうな。

「大成龍祭2011」[4月10日(日)-11月6日(日)]
『クレージーモンキー/笑拳』(1979年・香港/カラー/シネマスコープ/98分)
【監督】ジャッキー・チェン
【出演】ジャッキー・チェン、イエン・シー・クアン、ジェームズ・ティエン、チェン・ウィ
【配給】フォーチュン★スターツイン
【5段階評価】★★★★☆
【鑑賞劇場】TOHOシネマズ六本木ヒルズ(毎週日曜夕方から上映)
【鑑賞料金】1,000円(当日料金)

【弊ブログ内ジャッキー関連記事一覧】
『少林寺木人拳』(1976)
『ジャッキー・チェンの飛龍神拳』(1978)
『カンニング・モンキー/天中拳』(1978)
『失われた龍の系譜/トレース・オブ・ア・ドラゴン』(2003)
『香港国際警察 NEW POLICE STORY』(2004)
『THE MYTH 神話』(2005)
『プロジェクトBB』(2006)
『ラッシュアワー3』(2007)
『ドラゴン・キングダム』(2008)
『新宿インシデント』(2009)
『ダブル・ミッション』(2010)
『ラスト・ソルジャー』(2010)
『ベスト・キッド』(2010)