もっとエロいかと思って期待していたのに…スミダ 『後宮の秘密』



ウ~ん。あまり面白くなかったスミダ。韓国で最も厳しいレイティングという“青少年観覧不可等級”を受けながらも、
観客動員260万人の大ヒットを記録したというからどんだけスケベなのかとケッコウ前から期待していたのにスミダ、
確かにエロいにはエロいんだけどもう一つ下半身にクイっと迫ってくるものがなかったスミダ。なんでだろう?スミダ。
ヒロイン役の女優さんがムチャクチャ可愛い上に巨乳だけどちょっとシリコン入れてるっぽかったからだろうかスミダ。
偽乳だと思うと、お父さんチョッピリ哀しくなるスミダ。いかに小さくともオッパイはやっぱりオーガニックに限るスミダ。
疲れたスミダ。もうやめるスミダ。さすが宮廷物だけに語尾に日本語で言う「です・ます」のつく科白が多かったから、
ボクもちょっと恭しく映画の感想を述べてみたんだけど(ウソつけ!)、とにかく、期待に股間を膨らませすぎたからか、
それとも直前3時間のインド映画を観てさすがに疲れたからかあまり集中できず少しモッタイないことをしてしまった。

というワケで、韓国製成人映画 『後宮の秘密』 は、驚愕にして異形のカルト純愛映画 『バンジージャンプする』 や、
『ノートに眠った願いごと』 で知られるキム・デスン監督作。物語は、望んでもいないのに王の側室にされた女性が、
宮中で愛憎ドロドロの権力闘争に翻弄されながらも少しずつタフになっていって最後はちゃんと生き残るという内容。
で、男と女のドロドロ、女と女のドロドロ、残酷描写にセックス描写と必要なものは実にひと通り揃っているんだけど、
なぜだか全然面白くない。『バンジージャンプ~』 のような驚きもないし、『ノートに眠った~』 のような繊細さもない。
王宮物ってワケじゃないが似たような韓国製エロ時代劇なら3年前の 『美人図』 の方がずっとスケベで面白かった。
あーん。愉しみにしてたのにぃ~。でも王様が姿の見えない指南役に指示されながらエッチを覚える場面は笑えた。
確かに王宮で育ちゃ教えてくれないとできんワな。ボクもエッチの仕方なんて忘れちゃったから教えてほしいスミダ。

画像
このコスプレの上からでもわかる巨乳! でも…

『後宮の秘密』(2012年・韓国/カラー/ビスタサイズ/122分)
【監督】キム・デスン( 『バンジージャンプする』 『ノートに眠った願いごと』 )
【出演】チョ・ヨジョン、キム・ドンウク、キム・ミンジュン、パク・チヨン、チョ・ウンジ、イ・ギョンヨン、パク・チョルミン
【配給】ツイン
【5段階評価】★★☆☆☆
【鑑賞劇場】シネマート新宿1
【鑑賞料金】1,000円(会員デー)