テーマ曲を聴いただけで気分がアガるこれぞアメリカらしい娯楽作!なのに… 『ゴーストバスターズ』短評



♪フユゴナコール?ヘントナ一茶!(昔ナインティナインのラジオでゴーストバスターズの替歌コーナーがあった)
やっぱこの曲はいいなぁ~気分が一気に80年代に戻る。めちゃくちゃ愉しかった。上出来のリブートじゃないか!
むしろクライマックスなんかCGの盛り方がさすが半端じゃなくて個人的に 『シン・ゴジラ』 より遥かに面白かった。
それにしても、なぜメインキャストを女性に一新しただけで向こうでそれほど酷評されたのかまったく理解できん。
今この時代に 『ゴーストバスターズ』 をリブートするならそれが自然な流れだと思うし発想としても単純に面白く、
オリジナルにも少しも負けていないと思うんだが…やはり時代は厭な方へと逆行しているってことなんだろうか?
だったら 『マッドマックス』 だって女性を主人公に替えたようなものだったと思うけどなぜアチラはOKなんだろう?
とにかく女性版 『ゴーストバスターズ』 と聞いただけで愉しみだったし観れば期待した通りの1本でホント大満足。
正直元ネタがわかり難いギャグもいっぱいあったけどクリス・ヘムズワースをああいう役で投入したのは大正解。
あれぞ見事なホスト役である意味 『マッドマックス』 におけるトム・ハーディ的役割を果たしていたんじゃないか?
なにしろオリジナルを知っていても知らなくても安心して愉しめるこれぞアメリカの良心的エンターテインメント作。
…と言いたいけどそのアメリカじゃ酷評されたってんだから(しかも変な方向で)、世界は本当にどうかしているよ。

画像
ビル・マーレイやダン・エイクロイドも出てきます!

『ゴーストバスターズ』(2016年・アメリカ/カラー/115分)
【監督】ポール・フェイグ
【出演】クリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー、ケイト・マッキノン、レスリー・ジョーンズ、クリス・ヘムズワース
【配給】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
【5段階評価】★★★★☆
【鑑賞劇場】ユナイテッド・シネマとしまえん(豊島園)
【鑑賞料金】1,300円(レイトショー割引)