希望はアラブの歌声にのって… 『歌声にのった少年』&『越境の花嫁』@「映画で旅するイタリア」

ムリだ…堪えられなかった。劇場でこんなに泣いたのは久しぶり。お客さんが少なくてよかった。(よくねぇだろ!) 「世界は醜いけどあなたの声は美しい」 ホントに世界は醜いけどこういう映画を観ると希望はまだ棄てられない。 2013年にエジプトで人気の勝ち抜き歌番組で優勝し、アラブの希望の星となったパレスチナはガザ出身の歌手、 ムハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人こそ受け止めるべきラストの衝撃… 『祖国―イラク零年』@「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー」

長いけどこれだけは万難排し“観なければならない”という気持が湧いて今回のドリーム・ショーじゃ本作を鑑賞。 “イラク戦争”という今さら知らない顔はできない題材に加え映画として構成が抜群に巧いという理由もあるけど、 こないだ観た 『チリの闘い』 の感動を本作は上映時間ごとしかも軽々と超えてしまった。(そしてお尻の痛さも倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『チリの闘い』で燃えた後に最適の脱出系サスペンス 『コロニア』短評

まさしく、現在大ヒット中の 『チリの闘い』 を観た後にピッタリなチリ版 『クーデター』+『サクラメント 死の楽園』! 1973年の強硬な軍事クーデターによって発足し南米史上最悪の独裁政権と呼ばれたピノチェト政権下のチリで、 実に2万8千人を拷問し、およそ3千人を虐殺したという極秘施設“コロニア・ディグニダ”を題材としたサスペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創り手の“怒り”をまるで感じない見せかけだけの似非社会派ドラマ 『怒り』(※若干ネタバレ注意)

さすがに鑑賞直後の“怒り”は収まったけどやはり1日が経過し冷静に考えてもこの映画は全然好きになれない。 別に斜めに構えたつもりはなく今年は面白い邦画が多いしこれも前から愉しみにしていた映画だけに実に残念。 途中までは、“怒り”というより“焦(じ)り”って感じで前フリが長すぎないか?と思いながらも芝居は観応えあるし、 同じ原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新旧ピンク映画アブノーマル対決2本勃! 『淫暴の夜 繰り返す正夢』&『レズ夫人 狂った下半身』

あはは…。もういったいこの先どこまでイッてしまうつもりなんだか…。いやぁーこれゾ期待を裏切らない面白さ! もはや日本のフランク・ヘネンロッター(か!?)山内大輔監督 『性辱の朝 止まらない淫夢』 につづく待望の続篇だ。 とはいえ、前作と同様悪夢のファンタジーはこれ1本でも充分に愉しめるので仮に前作を観ていなくても大丈夫! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心がチリチリじゃなくメラメラと燃えてくる怒涛の4時間23分! 『チリの闘い』

驚いた! 突然大統領府がドカンドカン空爆される「こ、これ戦争映画?」と思うようなオープニングで始まる映画、 しかも、昔のドキュメンタリーが4時間23分後によもやこんなじーんとくる静謐なラストを迎えるとは思わなかった。 東西冷戦下の1970年に民主的な選挙を経て南米の細長い国チリに生まれた世界で初めての社会主義政権が、 アメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被写体の孤独を描き、観る者の孤独を癒す音楽人生ドキュメンタリー 『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』

いい映画だった。エンドロールが終わるまで誰1人席を立たなかった。(ところでイメフォって座席取り替えたのネ) 今なお絶大なる人気を誇る夭折の女性ロックシンガー、ジャニス・ジョプリン(1943-70年)の伝記ドキュメンタリー。 曲名言えと言われても鼻歌しか歌えんがナンボわしが西洋のミュージックに疎いかてジャニスぐらいは知っとる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉祥寺で見たサリーの女がヨガのポーズでタクシーを止めた! 『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅』短評

てっきりヨガ最大の聖地といえばかつてかのビートルズが修行したことでも有名な北インドはウッタラーカンド州、 ガンジス河上流の町リシケシュとばかり思っていたが、南のカルナータカ州も縁の深い地だったとは知らなんだ。 (映画の主な舞台であるマイソールへも往ったけど異常に広く“空室”の多い動物園に行ったことしか憶えてない) ヨガのル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒロインよければ全てよし!だけど映画も面白い! 『キング・オブ・エジプト』『スーサイド・スクワッド』

『キング・オブ・エジプト』 いかにもつまんなそうだと思いつつ女優だけを目当に観たらつまらないどころかめちゃくちゃ面白いじゃないか! ボクはやはりこのアレックス・プロヤスが好きなのかもしれん。(公開時酷評の嵐だった 『ノウイング』 でさえ好き) 古代エジプトってこれいったいどこのエジプトですか!?ってぐらいもはやSF映画みた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドへ往っても“男と女”はつまらない? 『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』短評

先週末は4度目の、『ソング・オブ・ラホール』 鑑賞に“サッチャル・ジャズ・アンサンブル”の2夜連続コンサートと、 パキスタンをたっぷり旅したので今回は東に戻ってインド!(間に 『聖者たちの食卓』 を挟めば完璧な旅の流れ) ただつまらなかった! 舞台がインドだしヒロイン役の女優さんがキレイなので観たんだけど自分に嘘はつけん! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

評価はともかく“Jホラー”の影響力をあらためて知る1本 『ライト/オフ』短評

10年前に観た映画 『ロング・エンゲージメント』 で、オドレイ・トトゥ演じるヒロインが暗闇でカレシと一つになる際、 彼女がロウソクの火をフッと消して、慌ててカレシが火をつけ直すとなんと彼女が上着を1枚ペロンと脱いでおり、 消してまたつけるとさらに1枚という具合のなんともHな場面があって、同じことやりたい!と思ったもんなんだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人種を超えた友情が世界の“今”を戒める良心作、でも… 『リトル・ボーイ 小さなボクと戦争』短評

予告を観ていて何をこの少年はダチョウ倶楽部のマネをしているのかと思っていたら…そういうワケだったのネ。 時は、第二次大戦下。カリフォルニアの漁村で、偏平足のために入隊が叶わなかった兄の代わりに徴兵された、 最愛の父親が無事に帰ってくるよう、司祭に渡されたリストの内容をすべて実践しようと奮闘する男のコの物語。 そのリストの中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more