ラップにのった少女、あるいは“アフガンノラッパー”が世界を変える! 『ソニータ』@第11回難民映画祭

ホント今年の音楽ものは傑作だらけだな。本作もまた 『ソング・オブ・ラホール』 や 『歌声にのった少年』 と並び、 音楽で世界は変えられないかもしれないけど、揺さぶることなら確実にできると心の底から思わせてくる大傑作。 ラッパーを夢見るイランに暮らすアフガニスタンの難民の少女が、女性が音楽を創ることに厳しい慣習を越えて、 自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more