テーマ:名画座/特集上映/映画祭

そしてキアロスタミはつづく… 『シーリーン』&『10話』@「キアロスタミ全仕事」

「キアロスタミ全仕事」[2016年10月19日(水)‐27日(木)]@ユーロスペース(渋谷) 【鑑賞料金】1,100円(会員) 『シーリーン』 いやもう案の定寝ちゃったがそれは夜勤明けにつき寝てなかったからで、聞きしに勝るとんでもない映画だった。 題名の“シーリーン”とは12世紀に実在したイランの詩人ニザーミーによる悲恋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒木一郎フィーバーでシネマヴェーラ脱出不可能!? 『脱出』@「デビュー50周年記念 荒木一郎の世界」

そら東宝でこんな映画創ったらお蔵入りも当然のハッキリ言って駄作だけど逆にヒドすぎてけっこう面白かった! 12時間後にはブラジルへ旅立つハズだった黒人ハーフ青年が、差別主義者のアメリカ人を過失で殺してしまい、 彼の女友だちと偶然集まった男たちが日本脱出を手助けするという粗筋だけ聞くとめちゃくちゃ面白そうな物語。 そしたらその中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本が印度に…なってきた? 『アリーガルの夜明け』@インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン

これは素晴らしい! もうなかなか都合がつかないから券1枚ムダにしちゃおうかと思ったんだけどしなくて正解! 初日に観た、モデルの女性の素晴らしさはわかるけど煽情的すぎる創りに正直白けてしまったあの映画だとか、 一見オシャレでいかにも新しく観えるけど単に欧米の家族ドラマをマネしただけのあの映画みたいなのではなく、 こういうオー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難民映画祭からの難民・移民がキーワードのドイツ映画2本立!/ドイツ映画祭2016 HORIZONTE

「ドイツ映画祭2016 「HORIZONTE」」 [2016年10月15日(土)-19日(水)]@TOHOシネマズ六本木ヒルズ 【鑑賞料金】1,000円 『閉ざされた部屋の嵐/Das Wetter in geschlossenen Räumen』 実は初めてドイツ映画祭に参加したんだけど面白かった。…けど難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラップにのった少女、あるいは“アフガンノラッパー”が世界を変える! 『ソニータ』@第11回難民映画祭

ホント今年の音楽ものは傑作だらけだな。本作もまた 『ソング・オブ・ラホール』 や 『歌声にのった少年』 と並び、 音楽で世界は変えられないかもしれないけど、揺さぶることなら確実にできると心の底から思わせてくる大傑作。 ラッパーを夢見るイランに暮らすアフガニスタンの難民の少女が、女性が音楽を創ることに厳しい慣習を越えて、 自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会の膿はテロではなく芸術で出せ! 「ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画祭2016」

「ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画祭2016」 [2016年9月22日(木・祝)-9月24日(土)、10月10日(月・祝)、10月13日(木)-10月15日(土)] 【鑑賞劇場】アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水) 【鑑賞料金】1,200円(一般) 3年に一度ドイツのどっかで開かれているという「世界演劇祭」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“たからぶね”に乗ってピンク映画の大河(歴史)をめぐる! 「ゆきてかえらぬ 渡辺護 官能の映画旅」

「ゆきてかえらぬ 渡辺護 官能の映画旅」 [2016年7月23日(土)-11月14日(月)]@ラピュタ阿佐ヶ谷 【鑑賞料金】800円(会員) 『あばずれ』(1965年・扇映画/白黒/60分) ※16mm短縮版 【監督】渡辺護( 『紅壺』 『おんな地獄唄 尺八弁天』 『(秘)湯の町 夜のひとで』 『少女縄化粧』 『聖処女縛り』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人こそ受け止めるべきラストの衝撃… 『祖国―イラク零年』@「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー」

長いけどこれだけは万難排し“観なければならない”という気持が湧いて今回のドリーム・ショーじゃ本作を鑑賞。 “イラク戦争”という今さら知らない顔はできない題材に加え映画として構成が抜群に巧いという理由もあるけど、 こないだ観た 『チリの闘い』 の感動を本作は上映時間ごとしかも軽々と超えてしまった。(そしてお尻の痛さも倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新旧ピンク映画アブノーマル対決2本勃! 『淫暴の夜 繰り返す正夢』&『レズ夫人 狂った下半身』

あはは…。もういったいこの先どこまでイッてしまうつもりなんだか…。いやぁーこれゾ期待を裏切らない面白さ! もはや日本のフランク・ヘネンロッター(か!?)山内大輔監督 『性辱の朝 止まらない淫夢』 につづく待望の続篇だ。 とはいえ、前作と同様悪夢のファンタジーはこれ1本でも充分に愉しめるので仮に前作を観ていなくても大丈夫! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も連日大“性”況で夏の定番化も必至!? 『リング リング』@「OP PICTURES+ フェス」

「OP PICTURES+ フェス」[2016年8月20日(土)-9月2日(金)]@テアトル新宿 『リング リング』(原題:四十路熟女 性処理はヒミツ) もう今日びのAV女優のレベルの高さには驚くばかりだけど…なんという美しい人だこの主演の白木優子って…。 もう、キレイすぎて軽くひいたワ。しかもこれだけ艶技が堂々として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次はカンボジアの怪しい彼女が観たい! 『ベトナムの怪しい彼女』@「カリコレ2016」

あ~愉しかった! 今年のカリコレで何が何でも観たかったのがこの韓国のコメディをリメイクしたベトナム映画! 70歳のおばあさんが、とある写真館で写真を撮ったら20歳の姿に若返り失われた青春を取り戻すという内容の、 韓国映画 『怪しい彼女』 のベトナム版で中国や日本でもリメイクされている。(日本よりベトナムが先だったのか) い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画で国境を越え、世界を知る! 現代ヨーロッパ映画(その1)―移民・難民・越境・辺境・マイノリティ―

「現代ヨーロッパ映画(その1)―移民・難民・越境・辺境・マイノリティ―」 [2016年8月2日(火)-6日(土)]@アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水) 【鑑賞料金】2,700円(一般・3回券) 実は裏でほんのちょっと協力しつつ前から心待ちにしていた本特集。これはまさしくその1本目に相応しい傑作! 旧東ドイツ地域…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーちゃんは今のこの国をどう想っているだろう… 黒い雨@原爆と銀幕 止まった時計と動き始めた映画表現

そうか…こうして映画を観ると今も生きているような感じだけどスーちゃんがいなくなってもう5年が経ったんだな。 映画では泣かなかったのに観終わってスーちゃんの話をネットでいろいろ読んでいたら涙が止まらなくなった…。 …と言いつつ、キャンディーズよりはピンク・レディー派だったし、キャンディーズでは蘭ちゃん派だったんだけど。 とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便乗! 男性旧作邦画ファンによる女性映画セレクション! 『何が彼女をそうさせたか』短評

「何が彼女をそうさせたか ‐女性旧作邦画ファンによる女性映画セレクション‐」 [2016年7月9日(土)‐29日(金)]@シネマヴェーラ渋谷 【鑑賞料金】1,000円(会員・2本立) 『悪女』(小川真由美) 『アナタハン島の眞相はこれだ!!』(比嘉和子) 『美しき悪女』(香取環) 『男は騙される』(叶順子) 『禁じられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の“映画で旅するヨーロッパ”はスロヴェニア1本勝負! 『樹』@「EUフィルムデーズ2016」短評

せっかく、円高でユーロも安くなっているのに、今年のEUフィルムデーズはスロヴェニア1国にしか往けなかった。 しかもたった1文字のぶっきらぼうなタイトルや解説の印象からなんとなくこういう映画じゃないかと思っていたら、 案の定、全篇繰り広げられるお話が暗喩的で受け身の取りづらい“投げっ放しジャーマン”みたいな映画だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ってたゼ! “容赦なき韓国映画”再び! 「反逆の韓国ノワール2016」個人的後篇

「反逆の韓国ノワール2016」[2016年6月25日(土)-7月8日(金)]@シネマート新宿 【配給】アルバトロス 『極秘捜査』 70年代に日本でもオカルトや超能力がブームだった頃お隣韓国では占いがブームだったってことなんだろうか? 人情味に溢れる叩き上げの元刑事と怪しいんだか善人なんだかよくわからない占い師が少女誘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンク映画もついに前篇・後篇2部作制の時代!? 『性辱の朝 止まらない淫夢』他2本

『性辱の朝 止まらない淫夢』 面白い! 『クリーピー 偽りの隣人』 並みに面白い! しかも今日びの邦画の流れに便乗してかまさかの2部作! とはいえこれ1本でも一応オチは着いているんだけど、なにしろ語り口の妙といい、さらにドス黒い世界観といい、 そして女優の唯一無二の見せ方といい、本作はもうこの監督の一つの到達点と言っていい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ってたゼ! “容赦なき韓国映画”再び! 「反逆の韓国ノワール2016」個人的前篇

「反逆の韓国ノワール2016」 [2016年6月25日(土)-7月8日(金)]@シネマート新宿 【配給】アルバトロス 『殺人の輪廻』 な、なんですこの映画は!? 予告の段階からちょっとこんな話はムリがあるんじゃないかと思っていたらそれ以上。 前から愉しみにしてた本特集だけど1本目からノワールというより咀嚼困難な作家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いっそこれも“ムンバイ・モナムール”という邦題がよかった 『パレス・ダウン』@フランス映画祭2016

こんな 『ホワイトハウス・ダウン』 みたいなアクション映画っぽい邦題ではなくホントにそうすりゃあよかったのに。 なんでも劇中ヒロインがホテルで 『ヒロシマモナムール』 を観るのはモデルとなった女性の実話なんだそうな…。 方やシリア内戦、方や2008年にムンバイで起きたテロ事件。それを広島の戦禍を題材にした名作が結ぶ奇しき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人的にラピュタの東映特集と印象カブってましたけど! 「生誕100年 木下忠司の映画音楽」5作品総括

「生誕100年 木下忠司の映画音楽」 [2016年4月5日(火)-6月12日(日)]@東京国立近代美術館フィルムセンター(京橋) 【鑑賞料金】520円(一般) 『泰造』(1985年・K&S/カラー/35mm/94分) 【音楽】木下忠司 【監督】渡辺範雄 【原作】一ノ瀬泰造、一ノ瀬信子 【脚本】かがみおさむ 【撮影】岡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんかNFCの木下忠司特集と印象カブってましたけど! 「OIZUMI 東映現代劇の潮流Ⅱ」鑑賞13本

「OIZUMI 東映現代劇の潮流Ⅱ」 [2016年4月10日(日)-6月11日(土)]@ラピュタ阿佐ヶ谷 【鑑賞料金】800円(会員) 『黄色い風土』(1961年・ニュー東映東京/白黒/89分) 【監督】石井輝男 【原作】松本清張 【脚本】高岩肇 【撮影】星島一郎 【美術】近藤照男 【音楽】木下忠司 【出演】鶴田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれから20年。ロメールに在りし日を想い出す… 『コレクションする女』@「ロメールと女たち」

1996年の10月に名古屋のシネマテークで 『夏物語』 を観たのが我が映画人生で最初のエリック・ロメール体験。 映画評論家・江戸木純氏による週刊プレイボーイのコラムがきっかけで確かに映画自体実によかったんだけど、 それ以上に学生時代より付き合っていたコと別れた次の日に観たのでその時の“倦怠感”こそをよく憶えている。 ボクか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分も「シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち」で作品を選べるなら… 『砂の香り』&『囁きのジョー』

「開館10周年記念特集Ⅱ シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち」 [2016年5月21日(土)‐6月17日(金)]@シネマヴェーラ渋谷 【鑑賞料金】1,000円(会員・2本立) 『あふれる熱い涙』(1992年/田代廣孝監督) 『薄れゆく記憶のなかで』(1992年・篠田和幸監督) 『日本製少年』(1995年・及川中監督) 『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時ならぬ西部劇ブーム?ドイツ人監督が撮ったカナダが舞台の西部劇! 『黄金』@トーマス・アルスラン特集

最近は、マカロニ・ウエスタンDVDコレクションも出ているし 『ヘイトフル・エイト』 に 『レヴェナント:蘇えりし者』 と、 今年は本当に西部劇がちょっとしたトレンドになっているようなような気がする。(まぁ本作は3年前の作品だけど) 全篇ほぼドイツ語の西部劇だなんてNYの話なのに全篇ドイツ語の 『キラーコンドーム』 みたい!(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この夏テアトル新宿で公開されるそこらの邦画より面白いピンク映画2本勃て!+1 「第28回ピンク大賞」

「第28回ピンク大賞」[5月5日(木・祝)]@上野オークラ劇場 【鑑賞料金】1,600円(一般・3本勃) 『情炎の島 濡れた熱帯夜』 まぁ最近観た邦画は 『夢の女』 といい 『華魂 幻影』 といいみんな面白いけどと前置きしつつカ~ワ~イ~イ~。 俺もことみんに先生と呼ばれたい~。それっくらいオークラ劇場2代目マスコッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の日本映画強化週間!③ 佐野和宏の“魂の声”を聴け! 『バット・オンリー・ラヴ』ほか1本

90年代に、瀬々敬久監督、佐藤寿保監督らと共に“ピンク四天王”と呼ばれた佐野和宏監督18年ぶりの新作は、 5年前に下咽頭癌で声帯を切除し“声”を失った佐野監督が自らを投影するように脚本・主演も務めた愛の物語。 監督と同様声を失った主人公がある日娘の告白から奥さんの裏切りを知りだんだん追い詰められるという話で、 おそらく散々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺が死んでも映画は残る。いや、若松孝二は死んでいない! 「若松孝二生誕80年祭!」

「若松孝二生誕80年祭!」[3月26日(土)-4月8日(金)]@ポレポレ東中野 【鑑賞料金】3,600円(3回券) 『新宿マッド』(1970年・日本/白黒/35mm/66分) 【監督】若松孝二 【脚本】出口出(足立正生) 【出演】谷川俊之、江島裕子、寺島幹夫、広岡昭子、原田牧子 【5段階評価】★★★★☆ 息子を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一筆啓上、三隅研次の美学が見えた… 「映画監督 三隅研次」鑑賞16作品&「必殺」シリーズ6話総括

「映画監督 三隅研次」 [2016年1月5日(火)-3月13日(日)] @東京国立近代美術館フィルムセンター(京橋) 【鑑賞料金】520円(一般) 『水戸黄門漫遊記』(1958年・大映京都/白黒/35mm/86分) 【監督】三隅研次( 『四谷怪談』 『白子屋駒子』 『眠狂四郎 勝負』 『雪の喪章』 『子連れ狼 三途の川の乳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身につまされる? “廓もの”の大傑作! 『妖刀物語 花の吉原百人斬り』@巨匠・内田吐夢のダイナミズム

「日本映画の未踏の頂 巨匠・内田吐夢のダイナミズム」 [2016年2月27日(土)‐3月6日(日)]@新文芸坐(池袋) …面白すぎて腰が抜けた。“百人斬り”って100人女を抱いたって意味じゃなく本当に斬ったって意味だったのネ。 も~こんな吉原を舞台にしたいい映画を見せられたら池袋東口のもっと奥の方にイキたくなっちゃうじゃないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎年連続でフラー特集をやってほしい! 『チャイナ・ゲイト』@「サミュエル・フラー連続上映!」短評

去年、『ベートーヴェン通りの死んだ鳩』 を観た時にもつくづく思ったことだけどやっぱりフラーの映画は面白い! 本作は、第1次インドシナ戦争時の1954年を舞台にした2人の男と1人の女が主人公のフラー日本初公開の1本。 途中で聴くと少々微妙にも感じるナット・キング・コールの主題歌も最後に聴くと胸に沁みる戦争ドラマの傑作だ。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more